1. TOP
  2. AGA
  3. ザガーロ(AGA治療薬)の効果や働き、使用上の注意点について

ザガーロ(AGA治療薬)の効果や働き、使用上の注意点について

AGA 病院・クリニック 薄毛治療
この記事は約 5 分で読めます。 616 Views

ザガーロは2015年9月に厚生労働省で認可されたAGA(男性型脱毛症)治療薬です。

フィナステリドを有効成分とするプロペシアと同じような働きをするのですが、その効果はプロペシアの1.6倍もあると言われています。

今回はそんな優れた新しいAGA治療薬「ザガーロ」の効果や働き、副作用、使用上の注意点をまとめました。

ちなみにザガーロは医師の処方箋が必要な治療薬なので、通販や一般的なドラッグストアなどで購入できません。医師の診察が絶対条件となります。

ザガーロの服用をお考えの男性の皆様へ、ぜひご参考にして頂ければ幸いです。

スポンサーリンク

1.AGA治療薬「ザガーロ」の効果効能とは?

ザガーロは、「男性における男性型脱毛症の治療」に効果を発揮する医薬品です。

販売元は東京に本社があるグラクソ・スミスクライン株式会社で、0.1mgカプセルと0.5mgカプセルの2種類が出ています。

もともとはアボルブという名前で前立腺肥大症の治療薬として使用されていましたが、服用していた患者さんに薄毛改善効果が見られました。これを元に研究開発が行われ、AGA治療薬としてのザガーロが誕生しています。

ザガーロの有効成分は「デュタステリド」で、「脱毛部位において太く長い髪の毛の本数が増える」という効果効能があります。

発毛の定義とは、”頭頂部や前頭部等の脱毛部位において、治療前と比べて太く、長い毛の本数が明らかに増えていること”です。

ザガーロは、これを実現するための効果効能が認められた医薬品です。

 

2.ザガーロの働きについて

ザガーロには、テストステロンをDHT(ジヒドロテストステロン)に変換してしまう「1型2型5α還元酵素」を阻害する働きがあります。

AGAの根本的な原因は、髪の毛の成長期を短縮させてしまうDHTにあります。つまり、この厄介なDHTを生成させないことが、AGAの進行をストップさせるためには重要になってきます。

ザガーロの有効成分であるデュタステリドは、1型2型5α還元酵素の働きを阻害することによって、DHTの生成を防いでくれます。

また、以前からAGA治療薬として用いられているプロペシアも同じような働きを持っていますが、プロペシアが有効なのは2型の5α還元酵素のみです。

ザガーロは1型と2型の両方の5α還元酵素に効果を発揮してくれるので、より高い効果が期待できます。

DHTの生成を防ぐことができれば、髪の毛の成長期も正常化されます。これにより太く、長い髪の毛がちゃんと育つようになるのですね。

 

3.ザガーロの効果を得るために必要な服用期間

ザガーロによるAGAの治療効果を得るためには、どのくらいの服用期間が必要なのでしょうか。

早い人であれば3ヵ月の服用で効果が出るケースもありますが、通常は6ヵ月間、ザガーロを服用する必要があります。

また発毛効果が出た後に服用を止めてしまった場合、再びAGAが進行してしまう可能性もあります。

このため発毛してきたからといって勝手に飲むのを止めるのではなく、医師に指示されたとおりに継続して服用することが大切です。

スポンサーリンク

 

4.ザガーロの副作用について

AGA治療薬として高い効果が期待できるザガーロですが、以下の副作用も公表されています。

・100人に1人以下の割合で、乳房の腫れや痛みなど、乳房障害が見られる。

・10人に1人以下の割合で、勃起不全や射精障害、性欲減退の症状が出る可能性がある。

・男性の生殖能力に与える影響は確認されていないものの、精子の数を減らしたり、精液の量を減らしてしまう可能性がある。

・前立腺肥大症患者を対象にした海外の臨床試験では、4,000例以上中3例に乳癌が発見された。

・前立腺癌の発症率が高いとされる男性に対しての臨床試験では、悪性度の高い前立腺癌の発見頻度が高い。

このため不妊症やED、勃起不全、前立腺に関する病気で気になる部分がある場合、事前に医師と相談しておく必要があるでしょう。

 

5.ザガーロを服用する時の注意点

ザガーロは基本的に、1日1カプセルの服用が基本とされています。実際に服用する場合は、以下の注意点も予め頭に入れておきましょう。

1.カプセルを噛んだり、開けたりしない。

ザガーロのカプセルを噛んでしまうと、喉の粘膜や口腔を刺激する恐れがあります。

2.女性や子供には服用させない。

ザガーロはあくまでも男性向けのAGA治療薬です。特に妊娠中の女性の場合、胎児に悪影響を及ぼす恐れもあるので、カプセルの中身の薬剤を皮膚に触れさせることのないよう十分に注意しましょう。(※皮膚からザガーロの有効成分が吸収される可能性もあります。)

3.医師の指示通りに服用する。

医師や薬剤師に指示された通りに、用量を守って服用しましょう。基本的に1日1回、1カプセルです。

4.ザガーロ服用中は、献血を控える。

ザガーロ服用中や、最後に服用してから6か月間の間は、献血を控えるようにしましょう。

5.PAS検査を受ける場合は、事前に医師へ申告する。

前立腺癌の有無の目安を調べる血液検査が、PAS検査です。医療機関でこの検査を受ける時は、事前に医師へ申告しておきましょう。

 

6.ザガーロを処方してくれる全国規模のAGA専門病院

ザガーロを処方してくれる全国的に有名なAGA治療専門病院と言えば、AGAスキンクリニックです。

東京や大阪、横浜、名古屋、仙台、札幌、福岡、神戸など、全国各地の主要都市にAGAスキンクリニックの各医院があります。(※2017年7月時点の数は、全国48医院です。)

ザガーロも処方されていますし、その他のAGA治療薬も豊富に揃っています。

最寄のAGAスキンクリニックについては、以下の公式サイトでご確認頂ければ幸いです。

AGAスキンクリニックの公式サイトはこちら

~こちらの記事もおすすめ!~
横浜駅前でHARG療法(薄毛治療)を行う医療機関「横浜中央クリニック」

スポンサーリンク

\ SNSでシェアしよう! /

髪ライジングの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

髪ライジングの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

髪ライジング編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • 髪を切られる時のチクっとした痛みはなぜ発生するの?その原因について

  • 美容室で炭酸ヘッドスパを体験した感想

  • AGAかどうかを判断するポイントとは?

  • 髪の静電気はなぜ起きる?原因と除去方法について

関連記事

  • 北海道札幌市内にある、おすすめのAGA専門病院

  • AGA治療の専門病院で有名なところはどこ!?おすすめのAGAクリニックをご紹介

  • AGAかどうかを判断するポイントとは?

  • AGAは生活習慣病の1つ!?薄毛を招く悪しき習慣

  • 早く気付いておきたい「薄毛・ハゲの3つの予兆」

  • AGAクリニックでの診断基準や診断方法について